\2022年の買ってよかったもの/

SOUYIのコーヒー焙煎機(SY-121N)を購入!家庭用、電動タイプなら、これ一択。

souyi-coffee-roaster

コーヒーが好き過ぎて、焙煎まで始めたひだまり(@hidamari_ze)です!

フライパンでの手鍋焙煎に始まり、アウベルクラフトでの手回し焙煎、そして、「SOUYIのコーヒー焙煎機」を購入しました!

SOUYIを選んだ理由は、

  • 電動タイプ
  • 価格が2万円以下
  • 冷却機能付き

そして、最大の理由は豆の様子を見ながら温度、風力、時間を調整できること。

本記事は、SOUYIのコーヒー焙煎機の使い方、実際使って感じたメリット・デメリットなどについて書いていきます。

メリット

  • 操作が簡単、オートモードがある
  • 温度、風力、時間を細かく調整できる
  • 中身がよく見える
  • 後片付けが簡単
  • 冷却機能付き

デメリット

  • 音が大きい
  • 焙煎温度はわからない

本記事のリンクには広告がふくまれています。

SOUYIのコーヒー焙煎機(微調整機能付き)の特徴

SOUYIのコーヒー焙煎機」は、家庭用の小型焙煎機です。

商品名コーヒー焙煎機(微調整機能付き)
品番SY-121N
定格電圧50/60Hz
定格消費電力1200W
焙煎可能容量最大100g
主な材質ABS(本体)・ステンレス(内壁)・ガラス(耐熱ガラス)
生産国中国

風力と温度は8段階、焙煎時間は10秒~25分まで10秒単位で設定できます。

サイズ

サイズは高さ27cm、幅19,4cm、奥行き17,5cm。

電子レンジやデディカ(エスプレッソマシン)よりも低くて、タイムモアの手挽きミルよりは大きいです。

SOUYIのコーヒー焙煎機(微調整機能付き)の使い方とメリット

SOUYIのコーヒー焙煎機」の使い方と一緒に、この焙煎機の良いところ(メリット)も紹介します。

良いところ(メリット)

  1. 操作が簡単、オートモードがある
  2. 温度、風力、時間を細かく調整できる
  3. 中身がよく見える
  4. 冷却機能付き
  5. 後片付けが簡単

使い方、焙煎の流れ

生豆を入れる

ここに、カビや虫食いのなどの欠点豆を取り除いた生豆を入れます。

間口が広いので、入れやすいです。

焙煎時間、温度を設定しスイッチオン!

メリット①:操作が簡単、オートモードがある

オートモードを使用する場合は、ボタンひとつ押すだけで焙煎から冷却まで完了します。

焙煎初心者の方でも簡単に失敗することなく焙煎ができます!

焙煎中に風力、温度、焙煎時間を変更
メリット②:温度、風力、時間を細かく調整できる

焙煎中に焙煎時間は10秒単位で、風力、温度は8段階で変更可能

メリット③:中身がよく見える

耐熱ガラスのため、焙煎中の豆の様子がはっきりと見ることができます。

そのため、生焼けや、黒焦げを防げます!

自動で冷却モードに!

焙煎時間が0になると自動で冷却開始してくれます。

メリット④:冷却機能付き

冷却を途中で止めたい、自分で冷却したい場合などは、電源ボタンを長押しすると冷却が止まります。

冷却終了、焙煎完了

冷却が終了すると勝手に電源が切れます。

機械上部は熱いため冷めてから豆を取り出します。

後片付け

チャフはチャフ用トレーにたまるため、これを捨てるだけ。

また、焙煎容器、ステンレス網、チャフ用トレー、焙煎容器フタの4点は水洗い可能です。

メリット⑤:後片付けが簡単

とにかく全ての作業が簡単なので、焙煎機を買ったものの焙煎が面倒になり、焙煎機が無駄になることがありません

モクモクの煙はでない

アウベルクラフトや手鍋焙煎のときはモクモクと煙がでて、1度火災報知器がなったことがあります、、

その点、SOUYIのコーヒー焙煎機はモクモクの煙がでないので、家庭で安心して使用できます。(多少は出ていると思いますが、目で確認できたことはありません。)

ちなみに換気扇の下で焙煎していても、焙煎の香りは部屋に残ります。(約半日ほど)

ひだまり
ひだまり

焙煎の香りは不快な香りではなく、香ばしい香りです!

SOUYIのコーヒー焙煎機(微調整機能付き)のデメリット

SOUYIのコーヒー焙煎機」のデメリットは2点。

  1. 音が大きい
  2. 焙煎温度はわからない

音が大きい

風力8のときや、冷却中はとくに音が大きいです。

テレビをつけている部屋で使用したら、テレビの音が聞こえにくいほどの大きさ。

ただうるさいのは長くても20分ほど(冷却込み)なので、我慢できないほどではありません。

ひだまり
ひだまり

風力1であればハゼ音は聞こえます!

焙煎温度はわからない

8段階で温度調整できますが、何度に設定などはできません

ただ、焙煎温度までしっかり管理できるものになると、一気に値段が上がるため、仕方ないかなと思います。

ひだまり
ひだまり

逆に2万円以下で、電動であり、温度調整できるのがすごいです!

焙煎温度を設定できる焙煎機

どちらも焙煎温度が設定可能で、9万円以下です。

ジェネカフェ

Behomor(ビモアー)2000AB plus

SY-121とSY-121Nの違い(SOUYIの焙煎機ラインナップ)

SOUYIのコーヒー焙煎機は、SY-121SY-121Nの2種あります。(本記事はSY-121Nを使用)

簡単に説明すると、SY-121が進化したものがSY-121Nです。

進化した点は、

  • 焙煎温度と風力を1~8段階まで調節可能
  • 焙煎時間と冷却時間を10秒単位で増減可能
  • オート焙煎機能を追加

値段は3,000円しか変わらないので、購入するなら進化したSY-121Nがおすすめです。

SY-12116,800円
SY-121N19,800円
(税込み価格)

SOUYIのコーヒー焙煎機(微調整機能付き)のよくある質問

SOUYIのコーヒー焙煎機」のよくある質問をまとめました。

焙煎容量は?

コーヒー生豆100gです。

連続使用は可能?

約20分ほど時間おけば使用可能。(説明書より)

屋外でも使用できる?

蓄電池や外部電源(1200W以上のもの)があれば、屋外でも使用可能!

梱包状態は?

ダンボールで届きます。

箱を開けると、ほぼぴったりサイズで箱が入っています。

中の箱はビニール袋でぴったりと包まれているため、万が一ダンボールが濡れてしまっても大丈夫。

開封し、上の発泡スチロールをとると焙煎機が入っています。

ひだまり
ひだまり

とても丁寧に梱包されていました!

コーヒーの生豆はどこで買える?

コーヒー生豆は楽天市場やAmazonで購入できます。

コーヒー生豆は、焙煎後のコーヒー豆と違い、

  • 直射日光と
  • 湿度を避けて風通しの良い場所

に保管すれば、約3年くらいはコーヒー生豆の状態で保存できます。

ひだまり
ひだまり

そのため、基本キロ単位でまとめ買いをしています!

おすすめショップ

カフェごこちさんは、楽天スーパーセールやお買い物マラソン時に安くなるので、そのときにまとめ買いをしています。

購入した生豆の写真は下記↓に!

こちらもおすすめ

Amazonで購入する方は、松屋珈琲さんがおすすめです。

松屋珈琲さんは楽天市場からも購入できますが、Amazonだと送料無料です。

SOUYIのコーヒー焙煎機のレビューまとめ

SOUYIのコーヒー焙煎機」は、1台で焙煎から冷却までしてくれる、とても素晴らしい家庭用焙煎機です!

似たような焙煎機でLITHON (ライソン) 社の焙煎機がありますが、現在生産終了しています。

そのため、電動タイプで価格が2万円以下の焙煎機は、SOUYIのコーヒー焙煎機のみとなっています。

ひだまり
ひだまり

購入してからフル活用しているお気に入りの焙煎機です!

コーヒーの焙煎を始めてみたい方、手鍋焙煎などで電動タイプをお探しの方、SOUYIの焙煎機を検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA