\北欧食器を使っておうちカフェ/

【コスパ最強】TIMEMORE Slim Plusはエスプレッソ用として使えるのか?徹底レビュー!

TIMEMORE Slim Plusのアイキャッチ

Flair 58xを購入し、エスプレッソの沼にどっぷりハマっているひだまりーぜ(@hidamari_ze)です!

デロンギのエスプレッソ対応の電動グラインダー(KG521J-M)を所持しています、、が!

一番細かく挽いても粒度が荒く、Flair 58xでエスプレッソ抽出ができなかったため、新しいグラインダーを購入することに、、!

  • 予算2万円以内
  • 安価な電動ミルはちょっと不安、、
  • ということで、手挽きミル、、?
  • とにかくちゃんと極細挽きができ、
  • Flair 58xでエスプレッソが抽出できるもの!

そんな条件をすべて満たしてくれたのが、TIMEMORE Slim Plus(タイムモア スリムプラス)でした。

TIMEMORE Slim Plus

早速スリムプラスで豆を挽き、Flair 58xでエスプレッソを抽出した画像がこちらです↓

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

タイガースキンもしっかりあります!

そこで、この記事ではTIMEMORE Slim Plusを購入してわかったメリット、デメリットなど本音レビューを書いていきます。

結論を先にいうと、グラインダーはこれだけでいいのでは?と思うくらい大満足しています!

メリット

  • Flair 58xでエスプレッソ抽出可能
  • 場所をとらず、コンパクト
  • 粒度を36段階で調節可能
    (エスプレッソからフレンチプレスまで対応可能!)
  • そして挽き目の調節が簡単
  • 毎日手挽きしていても全く苦ではない
  • お手入れも簡単

デメリット

  • 浅煎りの豆は挽くのが大変

TIMEMORE(タイムモア)Slim Plusとは?

Slim Plus(スリムプラス)とは、タイムモア(2012年に中国で設立したコーヒー器具メーカー)が作るコーヒーミルです。

基本情報

容量:コーヒー豆約20g 

本体重量 :約431g

材質: 臼:新開発のE&B臼:420ステンレス鋼

            ボディ:アルミニウム合金6063

            ハンドル・スプリング:アルミニウム合金6063

セット内容

箱を開封すると、このように丁寧に梱包されています。

箱の中には

  • 本体
  • ブラシ
  • 収納袋
  • 取扱説明書&保証書

が入っています。

収納袋に実際に収納するとこんな感じです。

ハンドル部分をつけたままでも収納できますが、そうするとハンドルが袋から飛び出します。

ブラシがコシがあり優秀でした!

分解・清掃するときにこのブラシだけで十分キレイになります。

TIMEMORE Slim Plusの5つのメリット

TIMEMORE Slim Plusを使ってわかった5つのメリット です。

  • 場所をとらない、コンパクト
  • 粒度を36段階で調節可能、そして簡単
  • エスプレッソ用に挽ける
  • 毎日使用していても苦にならない
  • 分解・清掃も簡単

場所をとらない、コンパクト

TIMEMORE Slim Plusは、

  • 高さ約19cm(ハンドル無し17cm)
  • 直径約4,5cm
  • ハンドル有りの横幅は約16cm

と、とてもコンパクトです。

女性の小さい手でも握りやすくなっています。

重さはわずか約431g。

キャンプやアウトドアに持って行くのにも、おすすめです!

粒度を36段階で調節可能、そして簡単

TIMEMORE Slim Plusは、ここで挽き目を調整します。

なんと36段階の調節が可能です。

説明書によると

エスプレッソ:6〜12

ポアオーバー(ドリップ):15〜24

フレンチプレス:24

と記載があり、これ1つでエスプレッソからフレンチプレスまで使用できます。

ちなみに私はエスプレッソで使用するときは7〜8クリックにしています。

0クリック〜6クリックは刃を傷めるため、使用しない

エスプレッソ用に挽ける(1回の挽き時間は?)

私の「エスプレッソ用に挽ける」基準は、Flair58xで9気圧の圧力がかかるかどうかです。

実際に8クリックで挽いて、エスプレッソを抽出してみます。

TIMEMORE Slim Plusでコーヒー豆を挽く

使用する豆:PostCoffeeのニカラグア ラス ヌベス

焙煎度:中煎りよりの中深煎り

精製方法:ウォッシュド

TIMEMORE Slim Plus
(8クリック)

実際に17g挽いてかかった時間は57秒でした。

TIMEMORE Slim Plus

今回の豆は結構硬い方の豆だったので、1分以内に挽けたのは正直自分でも驚きました!

そして、実際に抽出したエスプレッソがこちらです↓

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

クレマもしっかりあります!

手動式のエスプレッソマシンです。

少しでも粉が粗いとエスプレッソが抽出できません。(エスプレッソ用に挽いていても)

毎日使用していても苦にならない

私は毎日約2回はエスプレッソを抽出して、飲んでいます。

そのため、

  • 毎日使用できるか?(手挽きが苦にならないか?)
  • 結局面倒になって電動グラインダーが欲しくならないか?

ここらへんが購入前の不安要素でした、、が!

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

毎日使用していますが、全く苦ではありません

7月に購入して約2ヶ月経過しますが、むしろ快適です。

その理由は

  • 私は中深煎り以上の豆をメインに飲んでいるため
  • 挽きにくさは一切ない
  • 挽くときの音が電動に比べて小さいため、
  • 子どもが昼寝中でもコーヒーが飲める

電動グラインダーも持っていますが、Slim Plusだけになっても困らないくらい、優秀です。

分解・清掃も簡単

TIMEMORE Slim Plusは、機械に不慣れな私でも簡単に分解・清掃できました!

TIMEMORE Slim Plus 分解・清掃

部品のコーヒー粉を付属のブラシで取ります。

そしたら、この順に部品をはめていきます。

TIMEMORE Slim Plus 分解・清掃

臼の次にはめる、メモリのついたパーツは、下記画像のように丸いポッチを合わせてはめます。

TIMEMORE Slim Plus 分解・清掃

はめるとこうなり、押しながらダイヤルパーツをはめて分解・清掃は完了です!

TIMEMORE Slim Plus 分解・清掃

付属のブラシだけでもきれいになりますが、カメラ用のブロワーがあるとさらにきれいになります。

TIMEMORE Slim Plus、たった1つのデメリット

TIMEMORE Slim Plusのデメリットをあげるとするならば、たった1つ。

  • 浅煎り〜中煎りの豆を挽くのが大変

とくにエスプレッソ用に細かく挽くときは、1分以上はかかります。

毎日浅煎りの豆でエスプレッソ用に挽きたい方は、それなりの覚悟が必要です、、笑

TIMEMORE Slim Plusはこんな方におすすめ

TIMEMORE Slim Plus

TIMEMORE(タイムモア)のSlim Plusは、

  • エスプレッソ用〜フレンチプレスまで幅広く使用したい
  • 予算が1万5千円くらい
  • アウトドアでも使いたい
  • 1回の豆の使用量が20g以内
  • 中深煎り〜深煎りの豆が好き

こんな方におすすめです。

TIMEMORE Slim Plusのまとめ

この記事では、TIMEMORE Slim Plusを徹底レビューしました。

おすすめのコーヒーミルは?と聞かれたら、TIMEMORE Slim Plus!と答えるくらい気に入っています。

この価格で、エスプレッソからフレンチプレスまで幅広く使用できるため、コスパ最強です!

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

もし、エスプレッソを使用しない場合は栗子C2がおすすめです

メリット

  • Flair 58xでエスプレッソ抽出可能
  • 場所をとらず、コンパクト
  • 粒度を36段階で調節可能
    (エスプレッソからフレンチプレスまで対応可能!)
  • そして挽き目の調節が簡単
  • 毎日手挽きしていても全く苦ではない
  • お手入れも簡単

デメリット

  • 浅煎りの豆は挽くのが大変

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA