\北欧食器を使っておうちカフェ/

ネルドリップ器具はスピールがいい|陶器製の1人用ネルドリッパーをレビュー

Soupir

ネルドリップのまろやかな味わいが大好きなひだまりーぜ(@hidamari_ze)です!

ネルドリップって難しそう、めんどくさそう、そんなイメージがありませんか?

そんなネルドリップをもっと身近に、気軽に楽しめるように開発されたドリッパーがあります。

それは、陶器製の1人用ネルドリッパー、Soupir(スピール)です。

スピールは

  • カップ、ドリッパー、蓋(受け皿)に加え、
  • 専用ネルフィルターがセットに!
  • ネルフィルターはワイヤーが内蔵されており、
  • 洗って被せるだけで準備完了!

と、ネルドリップを初めてみたい方にも、とってもおすすめです。

この記事では、スピールを使ってわかったメリット、デメリットなどレビューしていきます。

メリット

  • 1杯分を美味しく淹れることができる
  • コンパクトに収納できる
  • 受け皿が便利
  • 日本製、美濃焼
  • 陶器のため、保温性が高い
  • パーツごとの販売がある

デメリット

  • 取っ手がないため、持つときに熱い

Soupir(スピール)とは?

(素敵な箱に入ってます♪)

スピールは、

  • ネルフィルターのプロ「丸太衣料株式会社」さんと
  • 陶器のプロ「Suzugama」さんが
  • 力を合わせて作った

陶器製の1人用ネルドリッパーです。

  • サイズ:φ85×高さ105mm(収納時)
  • 重さ:受け皿約100g、ドリッパー約150g、カップ250g
  • 素材:綿・ポリエステル(蛍光染料検査済み)、ステンレスワイヤー、陶器(鉛・カドミウム検査済み)
  • 製造国:国内(岐阜県・愛知県)

セット内容

素敵な箱を開けると、、

  • カップ
  • ドリッパー
  • 受け皿(蓋)
  • 専用ネルフィルター2枚

が入っています。

スピールの4つのメリット

スピールを使ってわかった、4つのメリットはこちらです。

  • 1杯分を美味しく淹れることができる
  • コンパクトに収納できる
  • 専用ネルフィルターが3種ある
  • パーツごとの販売がある

1杯分を美味しく淹れることができる

スピールは、1杯分のコーヒーを淹れるサイズで作られています。

ただ1杯用にネルを小さく作ったわけではなく、美味しく淹れる工夫があります。

それは、カップの中にできる狭い蒸らしの空間

それにより、強い蒸らしが生まれ、コーヒーの旨みを引き出してくれます。

コンパクトに収納できる

Soupir

スピールは、

  • 蓋(受け皿になる)
  • ドリッパー
  • コーヒーカップ

これらがすべてカップサイズで収納できます。

専用ネルフィルターが3種ある

Soupir

スピールの専用ネルフィルターは、ネルフィルターで有名な丸太衣料さんが製造しています。

そして、

この3種があります。

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

スピールのセットには、万能タイプの名古屋式が2枚入っています!

専用フィルターを変え、味わいはもちろん、香りの変化を愉しむことができます。

ブランディングコーヒー
¥1,650 (2022/09/18 14:13時点 | 楽天市場調べ)

パーツごとの販売がある

スピールはパーツごとで販売しているため、

  • 例えばドリッパー部分を割ってしまった場合、
  • ドリッパー部分だけ購入できます!

年に2回以上は何か割ってしまう我が家にとって、これは結構ありがたいです。

ちなみに、、

落ち方などにもよりますが、1度落としたぐらいでは割れません。

先日、蓋を落としてしまったんですが、割れませんでした

スピールのたった一つのデメリット

スピールのたった一つのデメリットは、コーヒーを淹れたばかりのカップが熱いことです。

そのため、淹れたてはいつもこう持っています。

取っ手があれば持ちやすかったんですが、そうするとスピールの良さであるコンパクトさが半減します。

ネガティブに捉えればデメリットですが、寒い日は陶器による保温性の良さにより、温かいカップがカイロがわりになります。

スピールはこんな方におすすめ

スピールはこんな方におすすめです。

  • 1杯分だけを淹れたい
  • ネルドリップをしたことがない
  • ネルドリップを気軽にしたい
  • 中深煎り〜深煎りのコーヒーが好き
  • コンパクトなものがいい

またコーヒーが好きな方へのプレゼントとしてもおすすめです!

スピールを使ってネルドリップコーヒーを淹れる

一応私が普段淹れてる方法をご紹介します。

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

ですが、難しく考えずに普段ペーパードリップで淹れてるやり方で淹れてもらって大丈夫です!

このレシピは大坊珈琲店のマニュアルを読み、自分なりにアレンジしたものです。

コーヒー粉15g:お湯70g

(【スピール公式サイトのレシピ】コーヒー粉15g:お湯170g)

公式サイトと比べると、私のレシピはとても濃いコーヒーです。

使用前は必ずネルを煮沸する

新品のネルには糊がついています。

そのため、沸騰した鍋で15分煮ます。

1湯目:30gを注ぐ
30秒蒸らす
ゆっくり残りの40gを注ぐ

まとめ

この記事では陶器製の1人用ネルドリッパー、Soupir(スピール)をレビューしました。

スピールとコーヒー粉とお湯さえあれば、気軽にネルドリップでコーヒーを淹れることができます。

ネルドリップは難しそうに思われがちですが、ぜひ一度ネルドリップにしか出せない味を味わってみませんか?

メリット

  • 1杯分を美味しく淹れることができる
  • コンパクトに収納できる
  • 受け皿が便利
  • 日本製、美濃焼
  • 陶器のため、保温性が高い
  • パーツごとの販売がある

デメリット

  • 取っ手がないため、持つときに熱い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA