\You Tube更新/

【超感動】珈琲考具のツードリップポットProフタ付をレビュー!注ぎたいところに狙い撃ち

珈琲考具のツードリップポットProのアイキャッチ

コーヒー大好きソムリエ&パティシエのひだまりーぜ(@hidamari_ze)と申します。

いつもおっと驚くコーヒー器具を開発する珈琲考具さん。

そんな珈琲考具のツードリップポットPro

  • 真下に注げるため狙ったところにドリップ可能
  • 極細の注ぎ口で点滴ドリップも簡単
  • 金属加工のまち 新潟県の燕三条で職人さんが製造
  • IHもガスもOK

と、素晴らしい商品なんですが、ただひとつ難点が、、。

、、そう、フタがない。

で・す・が!ついにフタ付きが新発売!

本記事は、珈琲考具さんのツードリップポットProフタ付について、毎日コーヒーを淹れる筆者が徹底レビューしていきます。

メリット

  • 狙ったところに注げる
  • 極細口で点滴ドリップも簡単
  • 注いでるときにフタが落ちない
  • IHもガスもOK(フタ以外は食洗機OK)
  • 新潟県の燕三条で職人さんが製造

デメリット

  • ドバドバとは注げない
    →極細口のため

ツードリップポットProフタ付とは?

珈琲考具 ツードリップポットProのメリット

これが珈琲考具さんの「ツードリップポットPro」のフタ付です。

サイズ

幅25.5×奥行13×高さ11cm

内径8.5(底径11.5)×深さ9.5cm

重量(約)/390g

容量(約)/満水750ml、適正500ml

今まで使用していたニトリのドリップケトルとの比較です。

珈琲考具 ツードリップポットPro
(奥が珈琲考具、手前がニトリ)

ニトリは1,2L入るため大きめです。

普段1回で1〜2杯分しかをドリップしないので、必要以上に大きくないこのサイズが場所をとらず良いです。

ツードリップポットProフタ付の5つのメリット

珈琲考具 ツードリップポットPro

ツードリップポットProフタ付のメリットをまとめてみました。

  1. 狙ったところに注げる
  2. 極細口で点滴ドリップも簡単
  3. 注いでるときにフタが落ちない
  4. IHもガスもOK(フタ以外は食洗機OK)
  5. 新潟県の燕三条で職人さんが製造

狙ったところに注げる

ツードリップポットProの注ぎ口は、真下に注げるようにこだわって作られています。

珈琲考具 ツードリップポットPro
ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

どんな注ぎ方をしても必ず真下に注げます♪

真下に注げるということは、自分が注ぎたい場所に狙い撃ちできます。

珈琲考具 ツードリップポットPro

とくに、土手を作ってドリップするときに、非常にドリップしやすいです。

ついついドリップしながら、ニヤニヤしてしまうほど。

動画でお湯の出る様子などをチェック

極細口で点滴ドリップも簡単

ツードリップポットProの注ぎ口の直径は4mm

珈琲考具 ツードリップポットPro

ニトリのドリップケトルは8mmなので、半分の大きさです。

珈琲考具 ツードリップポットPro
(←珈琲考具、ニトリ→)

この極細の注ぎ口のおかげで、点滴ドリップも簡単にできます。

珈琲考具 ツードリップポットPro
ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

優しくゆっくり傾けるだけでできます!

注いでるときにフタが落ちない

ツードリップポットProは注いでるときにフタが落下する心配はありません。

なんと、こんなに傾けてもフタが落ちません。

珈琲考具 ツードリップポットPro

その秘密は、フタについてる小さな突起。

珈琲考具 ツードリップポットPro

たったこんな小さな突起で落ちなくなるなんて、さすが珈琲考具さん。

ちなみにフタの取り付け、取り外し方は驚くほどスムーズです。

IHもガスも食洗機もOK(フタを除く)

珈琲考具 ツードリップポットPro

使用可能な調理器具は

  • IH
  • ガスコンロ
  • シーズヒーター
  • ハロゲンヒーター
  • エンクロヒーター
  • ラジエントヒーター

と、ほとんどの家庭、またはアウトドアでも使用できます。

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

IH使用可能だったので、迷わず購入しました!

また、フタ以外は食洗機も使えます。

新潟県、燕三条で職人さんが製造

珈琲考具 ツードリップポットPro
(片方の穴に温度計を刺せます)

珈琲考具の製品は、歴史ある金属加工のまち 新潟県の燕三条で作られています。

職人さんが

  • 素材の見極め
  • 切断
  • 成形
  • 溶接
  • 磨き

など、細かいところまで丁寧に作っています。

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

こういうところも珈琲考具さんが愛される理由なんだと思います!

ツードリップポットProフタ付のデメリット

珈琲考具 ツードリップポットProのデメリット

あえてデメリットを述べるのであれば、1点のみ。

ドバドバと注ぐことはできません。

ドリップポットの中のお湯を捨てたいときに、ドバっと捨てたいところですが、そこは我慢。

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

これは仕方ないですね!

ハンドルカバーは必要?

珈琲考具さんからハンドルカバーが販売されています。

実際にコンロで沸騰まで加熱してみましたが、火が当たらない部分は普通に持てました!

珈琲考具 ツードリップポットPro

家庭のガスコンロで使用する場合やIHではハンドルカバーは必要ありません

ただ、ドリップポットより大きな火で加熱する場合は、熱くなるため必要です。

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

キャンプなどで使用する方はあった方がいいですね♪

最後にこんな方におすすめ!

珈琲考具のツードリップポットPro

  • ドリップ初心者
  • 点滴法や、土手をつくってドリップをする方
  • アウトドアで使用する方
  • 1度にドリップする量が3杯分以内の方
    (750mlまでお湯は入りますが、適正は500ml)

注ぎたい場所に簡単に注げるため、今まで以上にコーヒーを淹れる時間が楽しくなりました!

ひだまりーぜ
ひだまりーぜ

正直、もっと早く買えばよかったと後悔しました

これからコーヒードリップを始める方は、最初からこちらを買えば他のやかんは一切必要ありません。

フタのみの販売もあります!

従来のツードリップポットProをお持ちの方は、フタのみで販売しています。

新しく買い直さなくても、フタだけ買えば良いというのは、結構嬉しいですね。

今回は珈琲考具さんのツードリップポットProについてレビューしました。

大人気商品だけあって、使っていて唸ってしまうほど素晴らしい商品でした!

メリット

  • 狙ったところに注げる
  • 極細口で点滴ドリップも簡単
  • 注いでるときにフタが落ちない
  • IHもガスもOK(フタ以外は食洗機OK)
  • 新潟県の燕三条で職人さんが製造

デメリット

  • ドバドバとは注げない
    →極細口のため

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA